カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

やっぱり繰り返し(何回やったか)が重要カモ‼

今「ほぼ日」で連載中の対談「横尾忠則、細野晴臣、糸井重里、3人が集まった日。」の
昨日が7回目で、タイトルは
「何回やったかが、重要だ。」
とても印象に残りました。

子供の頃から変わらず「反芻好き」な私も、
前から何度も
「繰り返すこと」について考えて来ていて。
そのことを、またすごく肯定されたというか、後押しされたというか、
強固にされた気がしたのです。


横尾さんがおっしゃっていることは、

何かに没頭すると「言葉がなくなる≒無心」になって、
無心になると常に「今」しかなくなる。
つまり時間を超える・・時間のない世界に入る。

てことと、

人は時間の中で生きるより、
何を何回やったか、という回数の方が大事ではないか


てこと。

それを受けて糸井様は、

回数は親しさ

とおっしゃっています。


私も、懸命に没頭することの「無心」の快感や、
繰り返しやることでどんどんそのことと慣れ親しみ、
それによってどんどん充足感が増したり、洗練されたりする感じが、
年を経るごとに益々好きになっていきます。

無心に没頭する時、そこに時間の観念はなくなり、
多分、「瞬間」ダケがあって、多分それが「0ポイント」で、
多分、人は「0」の地点に居る時ダケ、
「無限≒無尽蔵」と繋がるチャンスが得られるンじゃないかな。
多分、「0」に居る時「内在神≒魂」とも、完璧に繋がってるンじゃないかな。
そして、多分、「無心≒0ポイント」地点に入り込むのに、
「同じことを何度も繰り返す」ってことが、導入になるンじゃないかな。


このことをもっと意識してやってみたら、
人生の、ひいては魂の、充実感が増すンじゃないかという気がしています。
もっと繰り返し、いろんなことで実験なのです‼‼(≧∇≦)







[PR]
by lotus-fountain | 2016-12-06 22:35 | 想い・気づき・共感など