カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

73歳まで!

おおW(°o°)w まだかろうじて4月だ!今のうちに1本書いておこう!

4月もあまり書けなかったし、先日『ミュシャ展』に行ったことをせっかく書いたのに、
下書き保存したら消えちゃったのー(>_<)


さてさて、史上最速で4月が過ぎました。
もう5月に突入です。
この速さ、相当異常な感じ(((゜д゜;))) 
『伊勢ー白山 道』さんによるこの解説は、とても実感しますー(((゜д゜;))) 

北朝鮮とアメリカが今にも危ういし、
『ミュシャ展』のスラブ叙事詩で見せられたと感じたこと、
人類の争いの歴史は、いつまで繰り返されるのか、ということ、
私たちは、また繰り返してしまうのか、ということ、
改めて突き付けられる方向に、じわじわと押し出されているように感じます。

そんなこんなのつい先日の朝、なぜかフト

「私はいつ、何歳で死ぬんだろう。」

という問いが頭に浮かび、その直後、即答で

「73歳」

と浮かびましたW(°o°)w


こんなのは生まれて初めてです!

そして私の73歳が、2039年だと思い当り、
相当ビックリしたのでしたW(°o°)w




さもありなん





となると私はあと22年の命ということになります。
それで、例えばあと22年生きるとして、どう生きられるのか、
何をしたらいいのか、ということを
今まで以上にリアルに考え始めてしまいました。

まぁ、ずっと「人生設計」とはほぼ無縁に、
その時その時を精一杯で生きて来ましたので…
いつも漠然と「なんとか生きていけるだろうか。」と不安に思いつつ、
目の前のことをただひたすら懸命にやって生きていただけなので、
これからも特に「計画」というものもなく、
これまでと同じ感じではないかとは思うのですが、
それでもほんの少し、以前よりそれなりにリアルに、
人生のカウントダウンに思いを馳せたりするワケです。

ゆうべは深夜のEテレ『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』を見て、
エリート、ノブレスオブリージ、これからの世界のモデル、
というようなことを考えさせられました。

確実に変わるこれからの20年を
私はどういう風に生きることが出来るのか、
本当にあまりに未知で不思議で怖くて、クラクラきますが、
これまで以上に味わって、真摯に向き合って生きて行こうと思います。







[PR]
by lotus-fountain | 2017-04-30 23:22 | 想い・気づき・共感など