カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

2017年 03月 26日 ( 1 )

小さきことの中の愛

今月も「週記」に終わりそうです。それもまたよし、ということで。

さて、昨日私は、心の中でつくづくしみじみ思ったことがありました。
それは父との関係のことです。

認知症で耳の遠い父に対し、ぶっちゃけ煩わしい思いをすることが多いのですが、
それでもその内容のひとつひとつは、途方もなく他愛のないことです。

たとえそれが日に何度となく、そして連日飽くことなく、繰り返されようが、
それでもそれはあくまで、他愛のないレベルに違いないことなのです。

でも、そのひとつひとつに「イラッ」としたり、「ムカッ」ときたりすることが
日によっては何度となくあり、その都度、そして昨日もまた、

「こんな小さなレベルのことなのに、何度体験してもイラついてしまうンだなぁ~」

「全然イラつかないで、平静で済ませられることってゼロにならないなぁ~」

と思ってしまうのでした。

そして、世の中には途方もなく大きなレベルのことで、
途方もなく心を乱され、打ちのめされている人も山のようにいることも知っていて、
そういう全体と自分の状況を客観視した時、
私はこの小さいレベルの、日常の小さなひとつひとつの心の乱れに対することを、
しっかり見つめて、飽くことなく対処し続けていくことだ、と
改めて思ったのでした。


そうしたら、
今日の『伊勢ー白山 道』さんのブログに、
シンクロ記事を見出したのです‼W(°o°)w


このシンクロには、いつもながらハッW(°o°)wとさせられ、
そしてとてもトキメキました‼‼


幼稚園児が100円を握りしめて買い物を悩むのも、大人が1万円で買い物を悩むことも、
金額は違っても同じことです。
小さい世界での目一杯の悩みは、大きな世界での悩みに引けを取りません。
*だから、人は自分なりの世界の中で懸命に頑張れば、他人とは中身のレベルが違っても、
 大きなことを成したと霊的に言えます。
*この世は、単位・中身の大小に誤魔化されては生けない世界です。
*そこに込められた、感情や感謝の気持ちが、未来に来る物質に影響するのがコノ世。
このようなことを感じます。



これまでも何度も、何度も、

小さいことが大事
小さきことの中の愛
小さいことに愛を込める


ということを教わり続けて来ましたが、ここに至ってもやはり、
それこそが私にとっては大変重要な姿勢なのだと知らされた思いだったのでした。


大きなことに当たったら、耐えられず壊れてしまう弱い魂かもしれません。
小さいことをじっくりひとつひとつ感じ、考え、乗り越えて行く、
そういうスタイルを選ぶことが許された魂なのかもしれません。

本当のところはわからないけれど、そういう可能性がとても高いなぁと感じる私ですので、
ありがたくこの在りようを受け留め、引き続き精一杯真摯に、
学ばせていただこうと思う次第です。

毎日を丁寧に生きるの、益々頑張ろう。


[PR]
by lotus-fountain | 2017-03-26 18:37 | シンクロ二シティ