カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

先日のブログで、日に2度も、お巡りさんのお世話になったこと書きましたが、
実はあの日は本当に変な日で、
お仕事でもちょっとだけ奇異な目にあったのでした。

過去3度続けて「無言キャンセル」した人がいまして、
4度目は「もう今後一切あなたへの販売お断り」のメッセージと共に、
こちらからキャンセル処理したのですが、なんと懲りずにまた、
5度目に買おうとして来たW(°o°)wのです。

今度こそ、こちらも「無言で」さっさとキャンセル処理したのですが、
その時も、これまで同様、心は不穏にざわめき、
この無言で忍び寄ってくる迷惑な人に、若干の恐怖を感じました。

つまり、一応向こうは「お客様」の位置で、
買ってもらうこちらは、基本そうそう相手を無下にできない位置にいる、
というシチュエーションではあるワケで、
それが「相手を締め出す」という行為に及ぶことで、
若干の後ろめたさや、逆恨みされる不安や恐怖を喚起させられるのですよね。

でも、5度も対峙してみて、改めて思ったのですが、
「無言キャンセル」は明らかにマナー違反ですし、
(Sold Outから10日も経ってから、その品を再販せざるを得なくなるのですから)
他のお客様の心も乱すし、本当に迷惑なのです。
それを終始無言でしてくるのですから、嫌がらせとしか思えないのです。

ですから、そういう人を「お客様」としていつでも容認する、というのは、
やはりどうも違うと思われ、
ですから、若干モヤモヤしたり、怖い思いはするのですが、
実際は「相手を締め出す」行為をした後は、スッキリするのです。


そして
「問われる『自分パラダイス』のこと」を思い出し、
私が「かんのんかんのいずみ」を止めて、「カガミノイズミ」に移ったことの意味を想い、
そしてまた
今日の『伊勢ー白山 道』さんのブログでも、
世界情勢と合わせ、同質のことを考えさせられたのでした。

つまり、自分が築いた・もしくは現在進行形で築こうとしている、

自分パラダイス

を、もしも否応なしに侵略・侵害してこようとするモノがあったら、

・相手の不幸な立場を考えたり、助けてあげなくちゃと優しく容認するのか

・自分パラダイスがグチャグチャにされては元も子もないから、そういうモノは締め出し、
 自分パラダイスを徹底して守るのか


という、難しい問題について、向き合わされる、ということです(ー"ー )

イギリスも、アメリカも、自分パラダイスを守ろうとし始めているようです。
他のヨーロッパの国々も、そうなって行きそうです。
私も、結局、迷惑なお客様に優しくすることより、私のお店を守ろうとしたのですし、
ブログも、見てくださる誰かの為や、誰かの役に立つことを思うより、
自分の心を自分が安心して綴れるか、ということの方を
優先させることにした、ということなのですよね。
そもそもブログは私自身の為のものであるし、
私が素直に私の心を綴れなければ、それは私の為にも誰の為にもなれないと思うからですね。


この問題は、まだ考え中です。
締め出して「自分パラダイス」を守った先に、
どういう世界が成り立ちうるのか、まだちょっと想像しきれないからです。

これからも、もう少し追いかけて考えて行ってみたいと思います。


今日は冬至。
明日からまた少しずつ日が長くなって行きます。
少しホッとしています。
















[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-21 23:57 | 想い・気づき・共感など

お巡りさん2回

昨日は珍しい日でした。

おととい日曜日のお昼頃、家の庭に、どこかのスーパーのカートが
置き去りにされているのを発見。
近所に住む弟も知らないと言うし、ご近所の方に相談したら
我が家でもいつも利用している近所の生協のカートらしいということはわかったけれど、
どうしようもなく。
とにかく仕方ないので昨日警察に相談し、お巡りさんに万事片付けていただいたのでした。
それで通り一遍、住所や名前、生年月日とか色々書かされて。


そしたらその晩!
今度は夕飯の支度をしている、もう外が真っ暗になってる頃、
認知症の父がいつの間にか一人で散歩に出てしまったことに気づき、
大慌てで私が自転車で探し回ることに(((゜д゜;))) 

幸い、ほんのちょっと近所を回っただけで、お巡りさんと近所の方々に
囲まれている父を発見することが出来ました。
もう少し遅れていたら、小金井警察署に連れて行かれてたところでした(((゜д゜;))) 
父は住所も電話も何も言えないので・・・。
ああ、間に合ってヨカッタ‼
それでまた通り一遍、住所や名前、生年月日とか色々書かされたのでした( ̄▽ ̄:)

いやぁ~~( ̄▽ ̄:)
なぜに生まれて初めてくらいの勢いで
お巡りさんのお世話になるのが、一日に二度‼‼W(°o°)w


どちらもまず迅速に淡々と対処できたので良かったけれど、
本当になんか変な日でした。












[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-20 09:38 | 想い・気づき・共感など

太極拳止めたい気分考察

太極拳を止めたくなっています。


事情は(勝手に)複雑で。


なんだろう・・・・そもそもは、私が
これを書いて、更にこれを書いたから
おかしくなった気がしています。

つまり、先生や、他の生徒さんたちまでも、
私の『かんのんかん』をなぜか(ってせっちゃんガラミだよ!)知っていて、
でもそれは、実際には一度も話題に上ったことはなく、
暗黙のことになっていて(と私は思っていて)、
なのに私は、普通なら面と向かって言わないことを書いちゃって、
それで気まずくなった・・と思っているのです。

つまり、だって多分先生にとっては、
八卦掌そのものを敬ったり、勿論先生を敬ったりすることは当然なことなワケだし、
私のようにそれらを冒涜するかのようなこと言う人は、
まして先生を「あーほーかー」(笑)とか言う人は、
教えたくないだろうなーと思われるワケで。

更に、先生は、実際倒れて具合が悪かったのかなんなのか、
生徒たちには一切知らされていないので事情はわからないのですが、
その頃以来、この半年、稽古に顔を出すことは一切なく、
そしてなぜか一番弟子の(妻子持ちだったはずの)男性と先日入籍を発表。
これも私は「気色悪ーー(((゜д゜;))) 」と感じたものの、
勿論それこそ言えるわけもなく、生徒の誰かとそれについて話せるわけもなく、
そんな中、今日、半年ぶりに稽古に顔を出した先生からは、
勿論なんの説明もなく、指導員ダケを指導するという名目で来て、
ほぼ関係者とダケ会話して去って行ったのでした。

結局私は、先生の太極拳や八卦掌は素晴らしいと思うケド、
先生の指導の仕方や会の運営の仕方や、
テンションが上がったり下がったりする躁鬱ぽい不安定さが、
「やりづらい」「居心地が悪い」
と感じてしまっているようです。

そう考えると、アクセサリーの先生についてもおんなじなんだよなぁ。
つまり、アクセサリーの技自体は素晴らしいと思うケド、
先生の指導の仕方やクラスの雰囲気や、
気に入った生徒・気に入らない生徒へのあからさまさとかが、
「やりづらい」「居心地が悪い」
と感じてしまっているのですよね。


なんか矛盾してて、困っています。
どちらも習いたいし、ずっと続けたいのに、
「やりづらく」「居心地が悪い」。


そしてこれはすべて私のせいなんだろうな、と、
それでちょっと落ち込んでいるのです。

私が人付き合いが下手過ぎるから、いけないんだろうな、と。
そして私が傲慢で、「我よし」で、自分勝手な人間だからいけないんだろうな。
そんな人間は、先生も好きになれないし、教えたくないよな、と。
なんだろう・・・ホント、先生への敬意に欠け過ぎてるのかな。


・・と考えていて、結局私に友達が全然いないのも、
こういう私の、他者への敬意のなさとか、自分自身の傲慢さとかが
全ての縁を台無しにしているせいなンだろうな、と
とうとうそこまで思い至ってしまうのでした。
それで益々、これから先も生きていけるのか自信を失うのでした。




でもまぁ、これが現時点での「私の真実」なのだから仕方なく。

その上で、私はこのままでも良いのか、
それとも自分をどうにか違う風に思えるように持っていきたいのか、
よくよく見極めて行かなくちゃと思っているのですよね。


止めちゃうのは簡単だけど、それでいいのかな、と。


今日の『伊勢ー白山 道』さんのブログも、

* 優しさを持つ人が真に強い。
* 愛情が強い人は本当に強い人です。
* 思いやりを持つ人は、真に隠れた強さを持ちます。
* 何に対しても「継続力」を持つ人は、鋼(ハガネ)のように強い心の持ち主です。

精神力の強さ=決して瞬発力ではない。
地味で、隠れた絶対的な「安心感」=最強の精神力を発揮します。


と書かれています。

私の母はそういう人かなぁと思います。
私も、是非そういう人になりたいので、「継続力」を強めたいと切に思うので、
どうにかして謙虚に、清々しく続けられる道を模索していきたいです。










[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-11 23:22 | 想い・気づき・共感など
いつも(勝手に)お世話になっている『伊勢ー白山 道』さんのブログ。
昨日の
「美味しい果実も食べる時期を間違うと毒になる」
大変為になりました。

夏に会った
チャネラーのこころちゃんもおんなじことおっしゃっていて
とても印象に残っていたので、また再度刷り込まれたカタチになりました。

どうやらやはり、人生では、

「タイミングを逃さず魂の指示に従い行動できること」

が、とっても重要のようで。
そしてその為に必要なのは、常日頃から自分の五感を磨くこと、
行動と照らし合わせて感じ取る研究を続けること、
のように思われます。

日頃からそうして、小さなことで修練を積んでおけば、
イザ、大きな岐路に立たされたり、大きな決断が必要な場面に遭遇しても、
上手に働くのではないかしら。

・・って、やはりそのことは、
前から何度も言われていましたよW(°o°)w

日々小さなことを大切に感じ、考え、行動してはまた感じ・・
その「繰り返し」が、いつしか熟練し、
どんな時もタイミングを逃さず魂の指示に従い行動できるように
なっていくのですよね!


今までたっくさん書いてきたと思うケド、
リンクを張りたくてもちょっと記事を見つけられないので今は飛ばしますケド、
そもそも私はこの人生のスタート時点で、
上記の練習をすることが大事だと告げられていたのだと思っているのです。

7才の私は、「危機」を告げられていたのに「危機回避」が上手に出来なかったので、
それ以降、魂からの指示を完璧に信じられなくなりました。
でも、そこから年月を掛けて巻き返して、

「タイミングを逃さず魂の指示に従い行動できること」

≒「かんながら」

の重要性の認識度を増してゆき、熟練させることに意識を注ぐようになったのです。


そういえば大好きな『畳の目』の最新回でも、
「聖杯」の物語になぞらえて、「機を逃さず行動する」ことの
大事さと難しさについて話し合っていましたヨーW(°o°)w


残りの人生、そしてこれからの世の中、
益々、一層、「かんながら」を求めて精進します‼









[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-08 21:00 | 想い・気づき・共感など
今「ほぼ日」で連載中の対談「横尾忠則、細野晴臣、糸井重里、3人が集まった日。」の
昨日が7回目で、タイトルは
「何回やったかが、重要だ。」
とても印象に残りました。

子供の頃から変わらず「反芻好き」な私も、
前から何度も
「繰り返すこと」について考えて来ていて。
そのことを、またすごく肯定されたというか、後押しされたというか、
強固にされた気がしたのです。


横尾さんがおっしゃっていることは、

何かに没頭すると「言葉がなくなる≒無心」になって、
無心になると常に「今」しかなくなる。
つまり時間を超える・・時間のない世界に入る。

てことと、

人は時間の中で生きるより、
何を何回やったか、という回数の方が大事ではないか


てこと。

それを受けて糸井様は、

回数は親しさ

とおっしゃっています。


私も、懸命に没頭することの「無心」の快感や、
繰り返しやることでどんどんそのことと慣れ親しみ、
それによってどんどん充足感が増したり、洗練されたりする感じが、
年を経るごとに益々好きになっていきます。

無心に没頭する時、そこに時間の観念はなくなり、
多分、「瞬間」ダケがあって、多分それが「0ポイント」で、
多分、人は「0」の地点に居る時ダケ、
「無限≒無尽蔵」と繋がるチャンスが得られるンじゃないかな。
多分、「0」に居る時「内在神≒魂」とも、完璧に繋がってるンじゃないかな。
そして、多分、「無心≒0ポイント」地点に入り込むのに、
「同じことを何度も繰り返す」ってことが、導入になるンじゃないかな。


このことをもっと意識してやってみたら、
人生の、ひいては魂の、充実感が増すンじゃないかという気がしています。
もっと繰り返し、いろんなことで実験なのです‼‼(≧∇≦)







[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-06 22:35 | 想い・気づき・共感など