カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

今「ほぼ日」で連載中の対談「横尾忠則、細野晴臣、糸井重里、3人が集まった日。」の
昨日が7回目で、タイトルは
「何回やったかが、重要だ。」
とても印象に残りました。

子供の頃から変わらず「反芻好き」な私も、
前から何度も
「繰り返すこと」について考えて来ていて。
そのことを、またすごく肯定されたというか、後押しされたというか、
強固にされた気がしたのです。


横尾さんがおっしゃっていることは、

何かに没頭すると「言葉がなくなる≒無心」になって、
無心になると常に「今」しかなくなる。
つまり時間を超える・・時間のない世界に入る。

てことと、

人は時間の中で生きるより、
何を何回やったか、という回数の方が大事ではないか


てこと。

それを受けて糸井様は、

回数は親しさ

とおっしゃっています。


私も、懸命に没頭することの「無心」の快感や、
繰り返しやることでどんどんそのことと慣れ親しみ、
それによってどんどん充足感が増したり、洗練されたりする感じが、
年を経るごとに益々好きになっていきます。

無心に没頭する時、そこに時間の観念はなくなり、
多分、「瞬間」ダケがあって、多分それが「0ポイント」で、
多分、人は「0」の地点に居る時ダケ、
「無限≒無尽蔵」と繋がるチャンスが得られるンじゃないかな。
多分、「0」に居る時「内在神≒魂」とも、完璧に繋がってるンじゃないかな。
そして、多分、「無心≒0ポイント」地点に入り込むのに、
「同じことを何度も繰り返す」ってことが、導入になるンじゃないかな。


このことをもっと意識してやってみたら、
人生の、ひいては魂の、充実感が増すンじゃないかという気がしています。
もっと繰り返し、いろんなことで実験なのです‼‼(≧∇≦)







[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-06 22:35 | 想い・気づき・共感など
さて、師走です。

2016年は、もうずっと「更年期」「更年期」言っていて、
自分の体調をだましだまし、日々をこなしていくことに懸命に集中し、
トータルで見ると相当つつがなく、やってくることができました。
全ては「お陰様」のお陰です(iДi)

太極拳の練功も、ほぼ毎日1時間くらいは続けることができたし、
年初の目標だった図書館通いも、2週ごとにずっと続けられたし、
お仕事も、とにかく毎日同じペースを意識して作り続けられたし、
本当にお陰様で順調に「持続可能性」を追求し続けることができました。

私は本当に「反芻」が好きです。
「繰り返すこと」にスゴク魅力を感じ、満足を感じます。
少しずつ、目に見える・見えない共に形になっていくのが
手ごたえとして相当好きで、
そういう生活がさせていただけて、本当に幸せを感じます。
できれば引き続き来年も、そうして過ごして生きたいです。


年初には、
「できればもうひとつくらい何か」
出来ることがあったら楽しいかな~と、思っていたのですが、
結局それは見つけられませんでした。
まぁ、「畳の目」に出会えて、少しだけ新しい人と世界を垣間見れたのが
とても良かったと言えば良かったですが。

今思っているのは、やはり私は、
「私そのもの」をチャームアップさせて、それを外の世界に直接的に
見せたり、表現したりすることが好きだし、したいと望んでるかも・・・
という点です。

バレエやダンスで舞台に立ったりすることが一番それに近い、
満足と充実感を得られることでしたし、
以前の接客業も、美しい店頭に立って働くことは、
私自身を周りに見せる要素も大きかったので、
その点やはり満足ややりがいが見いだせていたのだと思います。

来年からは、その要素を、どこかでどうにかして
表現して満足を得られないものかと、模索したい気分なのです。

そういった気分を引き出してくれたのが、
欅ちゃんでもあり、最近では今度AKBを卒業するぱるるちゃんの
最後のセンター曲、このPVも魅力満載で、鼓舞されました!
いくつになっても年齢は関係なく、自分の美を追求したいなーと
強く思っています‼















[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-04 18:10 | 想い・気づき・共感など

2016年テーマの振り返り

そう言えば、そろそろ師走。
今年も一年を振り返る時節になりました。
毎年思うことながら、今年もやはり思うのは、

毎日をどれほど味わったか測り知れないほど、絶対じっくり味わったのに、
それでも尚、一年が過ぎるのがとっても速かった‼‼

ってこと(((゜д゜;))) 

でも、本当に毎日、一瞬一瞬を感じ、味わったので、
いろんな季節のいろんな感じとか、空気とか、光とか、
怖かった時のスゴイ怖かった感じとか、
苦しかった時のスゴイ苦しかった感じとか、
色々振り返ってもよく思い出せて、
そしてその全部がとても愛おしくありがたく思えます。

いつかも書いたかもしれないけれど、
死んだ後、私はきっと、地球で過ごしたこと、体験した様々なこと、
どれもがエキサイティングで物凄く楽しかったと、
しみじみ思い起こして噛みしめて、
また来たいと思うンだろうな~と思うのです。
そして最近は、まだ死んでないのに、例えばこうして一年を振り返るのでも、
もう既に苦しかった時のことも楽しかった、幸せだったと思えてる自分になってて、
これはきっととても良いことなンじゃないかと感じているのです。

生まれたからには、どんな風にでも精一杯ひたすら生きればよい。
自分の中と相談しながら、自分を精一杯味わえばよい。

そのことが、年々益々よくわかってくるようです。



2016年の私のテーマは「覚醒」

でした。

振り返ると、かなり苦しくつらい状態を、しっかり味わいながら
潜り抜けて来たな~と思います。

苦しみの主は、更年期のホルモンバランスのせいでいや増した恐怖の感情と、
胃や背中、右卵管に出た肉体的痛みでしたが、
それらの大本、根源にあったのは、
「起こりくることに対処できないかもしれない」
という、世界や状況や自分(宇宙/神)を信頼できないでいる状態だったと思います。

10月を抜けて、ようやく最近、全てを世界や状況や自分(宇宙/神)に
任せる(委ねる)ことができる心境になれた気がします。

「塔」の衝撃を経て、「星」にたどり着いたような。


最近、347 をたくさん目にします。
私が天使のOKサインと思っている数字の組み合わせです( ̄▽ ̄:)
私、絶対今年、私のガイドさん達や、私の中(魂&内在神)と、
前よりずっとツーカーに近づいたと思うのです。

ツーカー=かんながら
大真面目。
相変わらず!( ̄ー ̄)










[PR]
# by lotus-fountain | 2016-11-26 00:24 | 想い・気づき・共感など

少女の威力3!

またも福島で震度5弱。津波も。

3.11の余震の部類だそうだけれど、
でも、もう本当に時間の問題かと思われ、同時に信じられない気持ちです。
信じたくない気持ち。

もうずっと、熊本、鳥取、和歌山、茨城、福島・・を繰り返しているから、
絶対中央構造線ヤバいでしょう。

もうずっと、都心に出かける日は何もないことを強く祈ってしまう私ですが、
これからはもっとです。

だからこそ、毎日、一日一日の生活がとても大切で。
いつでも今が一番幸せと噛みしめます。
どんなことも、どんな時も愛おしみます。




今私を一番癒し、トキメカセテくれる歌はこれ。
またもTAKAHIROさんの振り付けが素晴らしい欅坂46の新曲。
瑞々しく煌めく少女たちの姿、歌声に、心が洗われ癒されます。
激しく鼓舞されます。
少女たちの威力‼‼
何度も観て、その美しさを、輝きを、吸い込んでいます。














[PR]
# by lotus-fountain | 2016-11-22 23:11 | 想い・気づき・共感など

混ざり合う世界

結構前から、私はマリーアントワネットみたいなものだな~って思ってたケド、
最近益々そうなんだと、思いを深めています。

日本ダケじゃなく、アメリカでも、ヨーロッパのいろんな国でも、
「格差」ってどんどん目立って言われるようになっていて、
確かに既に同じ国内でも、人によって貧富の差って本当に著しいし、
例えば同じ会社内でだって、人によって所得の差って著しい。
そしてもっと大きく、地球全体を見渡せば、国ごとに比べて見ても、
貧しい国と豊かな国の差は本当に歴然です。

今更のこと言ってるケド、今更じゃなくて今こそ、多分とても大事なことなんだと思うのです。

そろそろ誰もが、かなり多くの人が、地球全体、人類全体を、
現在進行形で俯瞰できるような感覚になってきたんだと思うのです。

個人のレベルでは、私より豊かな人はゴマンといるから、
そういう人達みたいに、もっと豊かになりたい気がすることも今だにアルし、
そういうのを本気で夢見てた時もかつて確かにあったりしました。

でも、人類全体のレベルでは、私は今既にマリーアントワネット並みの豊かさです。
貧しい国の人々からしたら、贅沢過ぎる生活をしているのは間違いありません。

そして、貧しかったり、紛争続きで安全が保たれない国の人々が、
難民となって溢れ始めています。
紛争続きでグチャグチャになってる国から、
ヤケクソの暴力の火の粉が、テロという形で世界中に飛び火し始めています。
豊かな人々が、その豊かさや安全を脅かされることに、
ものすごく不安や戸惑いを覚えて、心中右往左往始めています。

自分たちの豊かさ、平和を守りたい。
貧しい人たちや物騒な人たちと混ざり合いたくない。
そんな本音が、壁を作る方向にも動き始めてる。
アメリカもヨーロッパも。

日本は海に囲まれているから、壁を作る必要はありません。
だから地続きの国の人たちよりは、不安が少ないのは事実でしょう。
でも、いろんな国と地続きの国の人たちの不安は、もはや痛いほどよくわかります。
日本だって、アメリカに守ってもらうばかりではダメになってきました。
自衛隊も、他国の争いの渦中に出向かざるを得なくなりました。
そのうち海をも超えて、いろんな国の難民がやってくるでしょう。
ヨーロッパより、距離がある分、切実さは少ないけれど、
よその国の紛争の火種から、火の粉も飛んでくるかもしれません。

私たちは混ざり合って、格差をならして、
世界中で均等になるような方向へ努力すべきなのでしょうか。
そんな大変なこと、上手にやれるでしょうか。

今豊かな国に住む人たちのレベルの暮らしを、
世界中の人がするには、地球4個分の資源が必要だと聞きました。
・・てことは、世界中を均等の豊かさにするには、
今豊かな国に住む人たちのレベルを、下げるしかありません。
もう少し何かを我慢し、もう少し何かを手放し、もう少し何かを分け与えないと。

怒り狂ってる人たちの怒りを、受け止め、なだめないと。
どうにかして鎮めないと。

壮大な変化が求められてる。

それが無理なら、きっと地球が、人類を一旦壊すでしょう。
多分人類は、泥まぜにされちゃうンでしょう。

とっても難しい局面に来てるンだと、強く思います。
多くのみんなが世界中の全体の様子を、なんとなくでもわかるようになったから、
その視点を持った限りは、地球規模でのバランスを取って行かなければなりません。
それはもう、そういう段階に来たってことなのです。







[PR]
# by lotus-fountain | 2016-11-21 21:04 | 想い・気づき・共感など