カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

『サラバ!』と『この世界の片隅に』をまとめてざっと

お仕事がお陰様でとっても忙しかった12月・・・
特にクリスマス前の1週間が注文が多かったなぁ。ホントありがたいです。

体調は、12月21日に左の卵管と、その対面の腰が痛くなって、
それから結構ずっと腰痛が続いてちょっと不調です。
今日もまた、同じとこが卵管痛ぶり返しみたいになってる。
これもまた更年期の一環なのかと思われますが、
仕方ない、まだ当分のお付き合いを覚悟、でしょうか。


忙しい合間を縫って、西加奈子さんの『サラバ!』を読んだり、
アニメ映画『この世界の片隅に』を観に行ってきたりしました。

どちらもすごく感動して、色々考えさせられたので、
何か書いておきたいな~と思います。

まず『サラバ!』は、サスガ直木賞を獲って話題になってただけあって、
ものすごい吸引力でグイグイ引き付けられて一気に読みました。
あんな風に人の内面や人生を鮮やかにつぶさに描ける文章力って本当にスゴイW(°o°)w
人の個性とか、それらの関わり方とか、時間を追ってすごく丁寧にまるで見て来たように
書いてあって、本物の誰かの人生のようで。
だから物凄い説得力で、伝わってくるものがあるのですね。

私が受け取った肝は、やっぱり


「かんながら」に生きることを目指し続けろ!

っていうことかなぁ。


自分の中の「魂/神」に気づき、とことん信じぬけ!

っていうこと。
やっぱりそれかぁ、そうだよなぁ、って改めて思ったのでした。


映画『この世界の片隅に』も、全然違う世界観だけど、とても良かったなぁ。
最後の方は泣いちゃった。

どんな時代のどんな世相になっても、人は生きている限り日々を暮らして行くし、
その暮らし方は人それぞれだけど、すずさんのそれを見せてもらって、
なんかやっぱり、毎日を隅々まで丁寧に味わって暮らしたいなぁ、
それこそが生まれて来て人生を体験する意義だなぁ、
って、思いました。
私は今、平和で清潔で便利な日本の東京に暮らさせてもらってて、
すずさんよりずっと、いろんなことを簡略化して便利に生かしていただいていますが、
それでも少しずつ少しずつ「丁寧に暮らすこと」の大切さに気付かされて来たから、
またここで一層、それを心がけたいなぁと思ったのでした。
『レ・ミゼラブル』で思ったこととも通じるなー。

多分これからの地球での暮らしは、すごい勢いで変わっていくし、
私たちはそれに巻き込まれていくけれど、
そんな中でも、そんな中だからこそ、自分の魂としっかり繋がって連携して、
そうして体験させてもらう世界を、しっかりじっくり丁寧に味わうことが
肝心なんだと改めて思います。








[PR]
by lotus-fountain | 2016-12-27 15:54 | 映画のこと