カガミノイズミ

fountain11.exblog.jp

心の鏡

そして大晦日ですね。
2016年も無事終えることができました。
本当にありがたいことと深く感謝しています。

無事ではなかった人も、日本にも世界にもたくさんいらしたこと
私も少しはわかっているつもりです。
様々な立場の様々な人々にも思いを馳せつつ、
ごめんなさい、許してください、ありがとうございます、愛しています、
と繰り返し祈りつつ、また新しい年を迎えます。


私の最近の課題は、認知症が日々悪化している父との関係のことですかね。
どんどん赤ちゃんに帰っていく父に、
世間ではよく聞いてきたことではありますが私もやはり、
時に情けなく思ったり、苛立ったり、果ては怒鳴ったり罵ったりまで
してしまうことが増え、自分の未熟さ、人としての至らなさを
しみじみ痛感する昨今なのです。

父を尊敬する気持ち、育ててくれて延々と養ってきてくれたことに
感謝する気持ちは勿論あるのに、
同時にどうしようもなく許せない気持ち、軽蔑するような気持ちも
幼いころからずっと消せずに持っていて。
すっかり幼児帰りした父に対峙する時、そんな燻っていた思いが
溢れ出てしまうことがあって、今更ながら困惑しているのです。

父がいてくれるから私は生きて居られてる。
身に沁みてわかっていて、その苦労に思いを馳せること幾多であるし、
私だってまがりなりにも社会人として20年以上働いてきて、
少しくらいはその大変さも想像はつくのではありますし、
だから父に対して多大な尊敬と感謝の思いは間違いなく持っているのです。

でも、そんな大恩を負う身でありながら、
その父を軽蔑する、バカにしてしまう私・・もいて、
どれほどの傲慢者なのかと、空恐ろしくなり、天罰を恐れているのです。

なんだろう。
幼児帰りした父を見ると、長年父に感じて来た父の欠点のようなものが
今更ながら拡大して感じられて、父のそういう部分に傷つけられた、と感じていた
過去の私の気持ちが、生々しく蘇ってしまうのかもしれません。
またそれは、私自身の一部を見せられているようで、
だから余計に傷つくし、見たくない、と思ってしまって苛立つのかも。

なんかな、このまま父のことを嫌いな部分を、
嫌いなままで父が死んじゃってもいいのかな、って、私大丈夫かな、って、
まだ自分でハッキリわかってない感じなのですよね。

まだ全然、父との関係の気持ち、整理も分析もできてない感じがしてて、
でも、日々どんどん、苛立ちに身を任せる方向に突き進んでいるような今日この頃で、
自分でもまずいな、って、思っているのですよね。

感謝は間違いなく感じてる。大変感謝してる、と思ってる。
でも本当に感謝している人に対して、まがりなりにも軽蔑する気持ち、
嫌うような気持ちって、同時に持てるものだろうか?とも思うのです。
そういう気持ちを持ってしまってるってことは、
本当には感謝できてないってことなのかな????(((゜д゜;)))って。 
だとしたら、私はやっぱりとてつもなく傲慢で鼻持ちならない恩知らずってことになり、
それってとんでもなく大きなしっぺ返しを食らうのではないか、って
なんだか自分のことばっかりみたいだけど思ってしまうのです。
やっぱり私は「我よし」の傲慢ちきなのかなぁ(iДi)って。


今日は大晦日、2016年の最後の日でもあり、
最近特に私の中でひっかかっている問題について、
懺悔・・というか告白・・というかを、自分自身にしてみました。
父との時間があとどれくらい残されているかわかりませんが、
来年も日々、なるべく避けないで感じて考えて、研究してみたいと思っています。

そして自分自身の心身の調和を図ることも益々日々気を付けて、
一日一日を一生懸命生きたいと思います。
しょっちゅう言っていますがやはり何度でも言いますが、
私の魂と直結して連携して生きること(かんながら)を、
片時も欠かさず意図して生きたいと、益々強く思っています。

2016年も私を生かしてくださった宇宙のすべてに感謝します。
2017年も、生きとし生けるもの、ありてあるものすべてが、
一瞬ごとに幸せとお恵みを感じることができますようにと祈り続けます。













[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-31 23:22 | 想い・気づき・共感など

晦日の思い

今日は、ほぼ一日中、自室の大掃除をしました。
隅々まで綺麗にして、サッパリしたー♥(≧▽≦)♥

基本的に、自分の持ち物は全て6畳の自室のみに収納し、
(逆に言うと、6畳の自室に収まりきらないモノは持たない)
日々の整理整頓、掃除を心掛けること幾年月・・・
その姿勢が定着したお陰で、大掃除もそんなに手間ではなく、
細部のみの断捨離(持ち物の見直し)で済むし、満足しています。

自分の持ち物を全て把握している・・というのは気持ち良いものです。
来年は、しいて言えば少し増えた洋服を、もう一度見直ししたいです。


大掃除しながら、午後中どころか夜までも、せっちゃんのヨーロッパ旅番組を
ぶっ通しで観てました(〃∇〃)
『イタリア編』一挙放送と、『オーストリア・チェコ編』の地上波放送・・・
これまでも再放送も含めて全部観て来たケド、また観られて嬉しかったです。

やっぱり『オーストリア編』と『チェコ編』がベストだなぁ♥(〃∇〃)♥
カメラワークも本当に凝ってて美しいし、出会う人のエピソードも
印象的なのが多いし、音楽も絵日記も素敵だし・・♥(〃∇〃)♥
せっちゃんが短髪で痩せてて少年のように爽やかなのも良い・・♥(〃∇〃)♥
せっちゃんは本当に素敵な人だと改めて思います‼
そして1月2日には『ポルトガル編』も放送なので楽しみです♥(〃∇〃)♥


お陰様で、本当にお仕事の売れ行きが良くて、
お休みに入っても売れてくれてて、とてもとてもありがたく幸せな年の瀬です。

そんな中でもまた福島、茨城辺りで震度6を超える地震があったり、
今年一年を振り返るニュース番組などを見れば、
3.11で津波に家を飲まれた方が、今年の台風による河の氾濫で、
新築した家をまた浸水されたという困難な現状が紹介されていたり、
シリア難民の方々の現状が紹介されていたり、
昨夜の『家、ついてっていいですか?』では、68歳独身男性の
亡くなった父親の遺産を命綱に朽ちかけたゴミ屋敷に一人で暮らす
その生活を垣間見せてもらったり・・と、
地球上のたくさんの人々に思いを馳せてしまう私もいます。

本当に多くの人々が、様々な困難の中で様々な暮らしをしています。

それでまた例によってグルグルとどこかに吸い込まれそうになったり、
日々の一瞬一瞬と、その積み重ねであるところのこれからの暮らしを
私はどんな風にやっていくのか、少しでも自分の魂が喜ぶことをして、
できれば他者の役にも立てる私になれるだろうか・・と、
想いを巡らせてしまったりしています。

つましくて良いので、常に自分を健やかに整え、
授けられているお恵みに幸せを感じて感謝して暮らしたい。
ささやかで良いので、他者の役に立ちたい。
愛・勇気・希望・信頼をいつも心にしっかり持っていたい。


来年も一日一日を味わって、私の魂に従って、
連携して生きて行こうと、改めて思っています。










[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-30 23:17 | 想い・気づき・共感など
お仕事がお陰様でとっても忙しかった12月・・・
特にクリスマス前の1週間が注文が多かったなぁ。ホントありがたいです。

体調は、12月21日に左の卵管と、その対面の腰が痛くなって、
それから結構ずっと腰痛が続いてちょっと不調です。
今日もまた、同じとこが卵管痛ぶり返しみたいになってる。
これもまた更年期の一環なのかと思われますが、
仕方ない、まだ当分のお付き合いを覚悟、でしょうか。


忙しい合間を縫って、西加奈子さんの『サラバ!』を読んだり、
アニメ映画『この世界の片隅に』を観に行ってきたりしました。

どちらもすごく感動して、色々考えさせられたので、
何か書いておきたいな~と思います。

まず『サラバ!』は、サスガ直木賞を獲って話題になってただけあって、
ものすごい吸引力でグイグイ引き付けられて一気に読みました。
あんな風に人の内面や人生を鮮やかにつぶさに描ける文章力って本当にスゴイW(°o°)w
人の個性とか、それらの関わり方とか、時間を追ってすごく丁寧にまるで見て来たように
書いてあって、本物の誰かの人生のようで。
だから物凄い説得力で、伝わってくるものがあるのですね。

私が受け取った肝は、やっぱり


「かんながら」に生きることを目指し続けろ!

っていうことかなぁ。


自分の中の「魂/神」に気づき、とことん信じぬけ!

っていうこと。
やっぱりそれかぁ、そうだよなぁ、って改めて思ったのでした。


映画『この世界の片隅に』も、全然違う世界観だけど、とても良かったなぁ。
最後の方は泣いちゃった。

どんな時代のどんな世相になっても、人は生きている限り日々を暮らして行くし、
その暮らし方は人それぞれだけど、すずさんのそれを見せてもらって、
なんかやっぱり、毎日を隅々まで丁寧に味わって暮らしたいなぁ、
それこそが生まれて来て人生を体験する意義だなぁ、
って、思いました。
私は今、平和で清潔で便利な日本の東京に暮らさせてもらってて、
すずさんよりずっと、いろんなことを簡略化して便利に生かしていただいていますが、
それでも少しずつ少しずつ「丁寧に暮らすこと」の大切さに気付かされて来たから、
またここで一層、それを心がけたいなぁと思ったのでした。
『レ・ミゼラブル』で思ったこととも通じるなー。

多分これからの地球での暮らしは、すごい勢いで変わっていくし、
私たちはそれに巻き込まれていくけれど、
そんな中でも、そんな中だからこそ、自分の魂としっかり繋がって連携して、
そうして体験させてもらう世界を、しっかりじっくり丁寧に味わうことが
肝心なんだと改めて思います。








[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-27 15:54 | 映画のこと
先日のブログで、日に2度も、お巡りさんのお世話になったこと書きましたが、
実はあの日は本当に変な日で、
お仕事でもちょっとだけ奇異な目にあったのでした。

過去3度続けて「無言キャンセル」した人がいまして、
4度目は「もう今後一切あなたへの販売お断り」のメッセージと共に、
こちらからキャンセル処理したのですが、なんと懲りずにまた、
5度目に買おうとして来たW(°o°)wのです。

今度こそ、こちらも「無言で」さっさとキャンセル処理したのですが、
その時も、これまで同様、心は不穏にざわめき、
この無言で忍び寄ってくる迷惑な人に、若干の恐怖を感じました。

つまり、一応向こうは「お客様」の位置で、
買ってもらうこちらは、基本そうそう相手を無下にできない位置にいる、
というシチュエーションではあるワケで、
それが「相手を締め出す」という行為に及ぶことで、
若干の後ろめたさや、逆恨みされる不安や恐怖を喚起させられるのですよね。

でも、5度も対峙してみて、改めて思ったのですが、
「無言キャンセル」は明らかにマナー違反ですし、
(Sold Outから10日も経ってから、その品を再販せざるを得なくなるのですから)
他のお客様の心も乱すし、本当に迷惑なのです。
それを終始無言でしてくるのですから、嫌がらせとしか思えないのです。

ですから、そういう人を「お客様」としていつでも容認する、というのは、
やはりどうも違うと思われ、
ですから、若干モヤモヤしたり、怖い思いはするのですが、
実際は「相手を締め出す」行為をした後は、スッキリするのです。


そして
「問われる『自分パラダイス』のこと」を思い出し、
私が「かんのんかんのいずみ」を止めて、「カガミノイズミ」に移ったことの意味を想い、
そしてまた
今日の『伊勢ー白山 道』さんのブログでも、
世界情勢と合わせ、同質のことを考えさせられたのでした。

つまり、自分が築いた・もしくは現在進行形で築こうとしている、

自分パラダイス

を、もしも否応なしに侵略・侵害してこようとするモノがあったら、

・相手の不幸な立場を考えたり、助けてあげなくちゃと優しく容認するのか

・自分パラダイスがグチャグチャにされては元も子もないから、そういうモノは締め出し、
 自分パラダイスを徹底して守るのか


という、難しい問題について、向き合わされる、ということです(ー"ー )

イギリスも、アメリカも、自分パラダイスを守ろうとし始めているようです。
他のヨーロッパの国々も、そうなって行きそうです。
私も、結局、迷惑なお客様に優しくすることより、私のお店を守ろうとしたのですし、
ブログも、見てくださる誰かの為や、誰かの役に立つことを思うより、
自分の心を自分が安心して綴れるか、ということの方を
優先させることにした、ということなのですよね。
そもそもブログは私自身の為のものであるし、
私が素直に私の心を綴れなければ、それは私の為にも誰の為にもなれないと思うからですね。


この問題は、まだ考え中です。
締め出して「自分パラダイス」を守った先に、
どういう世界が成り立ちうるのか、まだちょっと想像しきれないからです。

これからも、もう少し追いかけて考えて行ってみたいと思います。


今日は冬至。
明日からまた少しずつ日が長くなって行きます。
少しホッとしています。
















[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-21 23:57 | 想い・気づき・共感など

お巡りさん2回

昨日は珍しい日でした。

おととい日曜日のお昼頃、家の庭に、どこかのスーパーのカートが
置き去りにされているのを発見。
近所に住む弟も知らないと言うし、ご近所の方に相談したら
我が家でもいつも利用している近所の生協のカートらしいということはわかったけれど、
どうしようもなく。
とにかく仕方ないので昨日警察に相談し、お巡りさんに万事片付けていただいたのでした。
それで通り一遍、住所や名前、生年月日とか色々書かされて。


そしたらその晩!
今度は夕飯の支度をしている、もう外が真っ暗になってる頃、
認知症の父がいつの間にか一人で散歩に出てしまったことに気づき、
大慌てで私が自転車で探し回ることに(((゜д゜;))) 

幸い、ほんのちょっと近所を回っただけで、お巡りさんと近所の方々に
囲まれている父を発見することが出来ました。
もう少し遅れていたら、小金井警察署に連れて行かれてたところでした(((゜д゜;))) 
父は住所も電話も何も言えないので・・・。
ああ、間に合ってヨカッタ‼
それでまた通り一遍、住所や名前、生年月日とか色々書かされたのでした( ̄▽ ̄:)

いやぁ~~( ̄▽ ̄:)
なぜに生まれて初めてくらいの勢いで
お巡りさんのお世話になるのが、一日に二度‼‼W(°o°)w


どちらもまず迅速に淡々と対処できたので良かったけれど、
本当になんか変な日でした。












[PR]
# by lotus-fountain | 2016-12-20 09:38 | 想い・気づき・共感など